Now Available

ZBrush 2021.7

ZBrush 2021.7

すでにZBrushのライセンスを所有している皆様にとっての無料アップグレードであるZBrush 2021.7は、あなたのワークフローにとって様々な強化や、デザイン、クリエイティビティを刺激するような新機能にフォーカスしています。

ZBrush Artist :: Michael Pavlovich

ZBrush 2021.7の新機能の詳細はPixologic キーノートプレゼンテーションをご覧ください。

スライス&ダイス!

ナイフブラシはどのようなサーフェスも正確なラインで切り取るとともに、すぐさまスカルプトができるサーフェスで断面を閉じます。これらのブラシはリアルタイムかつ、シンメトリで使用でき、アーティストが自由にデザインする力を与えます。

これらのブラシは正確なサーフェスのデザインに適しており、3Dプリントの準備や、あらゆるトポロジーに平滑な面を作ることができます。

ZBrush Artist :: Cki Vang

Stageに乗せよう!

この強力なStagerの機能により、ZBrushがメッシュの位置情報を2つ保有できるようになり、必要に応じてこの2つの位置に切り替えることができます。1つの位置情報を利用し、スカルプトやペイントの柔軟性を持ちつつ、ポーズに合わせたプレゼンテーション用に2つ目の位置情報を活用できます。一度リンクしたStageでは、サブディビジョンレベルや、IMMブラシ、SculptrisProのようにメッシュの状態が変更されても使用できます。

ZBrush Artist :: Daisuke Narukawa

ベベルをかけよう!

新しいBevelFlat、BevelArcブラシを活用し、エッジに沿った平面や、角落としのベベルをスカルプトしましょう。このブラシはバックトラック機能と、ドローサイズによりベベルの幅や見た目を決定します。

ZBrush Artist :: Paul Gaboury

ZBrush Artist :: Michael Pavlovich

補間し、繰り返そう!

新しいストローク補間機能を使い、2つのブラシストロークをメッシュの上に描くことにより、ZBrushはその2つのストロークの間に指定した数を自動的に補間します。これにより、スカルプトや、ペイント、マスキングで素早く複雑なパターンが描けます。

ミラーをかけよう!

このミラー機能はポーズのついたメッシュのポリペイントやマスキング情報を反対側にコピーしたり、反転する機能です。
例えメッシュが左右対称でないポーズ付けがされていたとしても、ポリペイントを右手から左手へ、顔の片側から反対側へ、1つの大きなかかとから反対側のかかとまで。マスキングを活用し、どの位置のペイントがミラーされるべきかを指定できるとともに、どちら側がペイント情報の元となるかを指定できます。

ZBrush Artist :: Javier Benver · フル画像

調整しよう!

最後を調整の機能により、最後のアクションをスライダーで調整し、描いたストロークを繰り返し、繰り返しアンドゥするのではなく、一度描いたスカルプト、ペイント、マスクの強度を強くしたり弱くできます。アンドゥ履歴のマーキングを活用し、それらに含まれるストロークを丸ごと調整もできます。

その他追加項目

  • パレットがマウスホイールで上下にスクロールできるようになりました。
  • “変更頂点をマスク”の機能により、最後のストロークをマスクに変換できます。アンドゥ履歴と併用し、マーカー以降に変更の加わった頂点にマスクもできます。
  • “変更頂点をグループ化”の機能により、最後のストロークをポリグループに変換できます。アンドゥ履歴と併用し、マーカー以降に変更の加わった頂点を一つのポリグループにもできます。
  • “マスクを濃くする”と”マスクを薄くする”の機能は、メッシュ上のマスクの濃度を調整でき、マスク調整の選択肢を広げます。
  • 表示状態のメッシュに新規ポリグループIDを割り当てなおす”表示再グループ化”オプションが追加されました。

リリースノート

  • 追加:BevelArcとBevelFlatブラシ
  • 追加:KnifeCurveとKnifeLassoブラシ
  • 追加:ポリグループパレット>表示再グループボタン
  • 追加: マスキング>”マスクを濃くする”、”マスクを薄くする”ボタン
  • 追加: ジオメトリ>Stager機能
  • 追加:ストローク>”最後を調整”ボタン
  • 追加:ポリペイント>”ポーズ可能シンメトリでミラー”と”ポーズ可能シンメトリで反転”
  • 追加:マスキング>”ポーズ可能シンメトリでミラー”と”ポーズ可能シンメトリで反転”
  • 追加:マルチマップエクスポーターにUDIMを指定し個別に書き出す機能と、ファイル名からサブツール名を抜きで書き出せるようになりました。
  • 追加:画像平面にモデルの透明度を素早く切り替えられるオン/オフボタン
  • 追加:Stager機能に対応したサブツール>”全てホームへ”と”全てターゲットへ”ボタン
  • 追加:ストローク>”補間”と”ストローク数”

  • 調整:マルチカーブブラシの線が2つ以上の交差地点がある場合線を結合しなくなりました。
  • 調整:マルチカーブはALTドラッグ使用時使用されていないセグメントを自動スムーズするようになります。
  • 調整:エクスポートオプションが環境設定内に移動し、グローバルの設定に使用され、カスタムUIで初期起動時の設定として保存できるようになりました。
  • 調整:ベンドカーブはメッシュの最も長い軸にあわせて自動的に位置するようになりました。
  • 調整:最終リプレイと最終相対リプレイをモディファイアからメインのストロークパレットに移動させました。
  • 調整:マウス平均、ストロークのブレ、ブラシの欠損をストローク>モディファイア内に移動させました。
  • 調整:キーボードの左と右の矢印キーを使用し、IMMブラシのメッシュを行き来できるようになりました。
  • 調整:保存/読込/書き出し時にファイルが読み込まれたフォルダの位置に戻るようになりました。
  • 調整:SelectionやMaskingLassoブラシでレイジーマウスがデフォルトでオフになりました。

Pixologicニュースレター

 ぜひ私たちの日本語のニュースレターに登録を行い、ZBrushとZBrushCoreに関するチュートリアルや、インタビュー、メイキング、イベントなどの情報を入手しましょう!

Share This