Now Available

ZBrush 2021.6

ZBrush 2021.6

すでにZBrushのライセンスを所有している皆様にとっての無料アップグレードであるZBrush 2021.6は、あなたのワークフローにとって様々な強化や、デザイン、クリエイティビティを刺激するような新機能にフォーカスしています。

Michael Pavlovich氏がZBrush 2021.6、2021.5や2021の最新機能と組み合わせ、制作するデジタルスカルプトをご覧ください。

メッシュをスケッチ!

Mesh From Maskは驚くほどシンプルかつ、素早くベースメッシュを作成できるツールであり、他の様々なZBrushの機能と組み合わせ、スカルプトを可能とします。マスクを投げ縄のように操作し、作りたいモデルのアウトラインを描きましょう。ZBrushは瞬時に描いたアウトラインから、編集可能なメッシュを生成します。ここからは、直接スカルプトをしたり、引き続きアウトラインの調整ができます – 追加したり取り除いたり、穴を開けたり。形状に手を加えるにつれ、生成されたモデルはリアルタイムにアップデートされるので、結果を予測する必要もありません。

ZBrush Artist :: Paul Gaboury

この機能には2つのモードがあります。
一つは、中央は分厚く、端にいくにつれ、徐々に薄くなっていく”やわらかい有機的な風船形状を作るタイプ”と、平たく正確な形状を作り、”一定の厚みを持ち、ベベルをコントロールできるタイプ”に別れます。

投げ縄、円、四角、カーブストロークタイプに対応しており、アルファも使用できます。また、Selectionブラシがレイジーマウスに対応し、スムースかつ正確なコントロールが可能となります。

ZBrush Artist :: Pixolator 

ZBrush Artist :: Paul Gaboury

2Dアルファの押し出しをカーブに沿って!

新しいカーブアルファブラシは2Dのアルファを押し出し、カーブに沿わせることでジオメトリを生成します!
これにより素早く髪の毛や、角を作り、テーパーや、ひねりを加えられます。当然、そのカーブは好きに調整し、編集が可能です。
IMMカーブブラシにもアップデートが加えられ、平面のメッシュをExtrude Profileとして作成し、似たような結果が得られます。

30以上の”Extrude Profile”の形状

Curve Alphaと元となったアルファ

新しい形を模索しよう!

想像力にブーストをかけよう!
この新しいSnakeCurveブラシはSculptrisProモードと使用することで、モデルの上でカーブを描き、美しくも不思議な有機的な押し出しを可能とします。クリックするカーブの位置と、どの速度でカーブを引っ張るかによりカーブが有機的にねじれ、様々な効果が得られます。このブラシは、意図せぬ形状を得られるいわゆる”ハッピーなアクシデント”を追い求められる機能です。

改良されたアンビエントオクルージョン

curve_01

AO適用前

ZBrush Artist :: James W. Cain

AO適用後

AO適用前

ZBrush Artist :: Zhelong Xu

AO適用後

アンビエントオクルージョンは光がモデルに接触後、目に届いたり、他の様々な要素―特に近くのディテールなどによりにより届かなくなる様子を追跡し、それにより発生する影溜まりを描く機能です。さりげない要素ではありますが、リアルなライティング効果を得るために有効な機能です。

過去ZBrushではAOをお互いの形状同士の近さを計算し、疑似的に算出していました。ですがこの改良版AOでは、ZBrushは真のレイトレーシングにてより実際に近い結果が得られます。ディテールがより目立つようになりますし、特別な技術のノウハウを知る必要もありません。
この改良版のアンビエントオクルージョンでは、単純な強さとスムージングをするだけです。もちろん他のサブツールも考慮します。
つまり、スカルプトに応じて自由にモデルを分割し、完成後の綺麗なレンダリングを楽しむことができます。

もちろん、旧式のアンビエントオクルージョン同様にマスキングとして生成でき、スカルプトや、変形などに活用できます。

その他追加項目

  • スティッキーホットキー:あらゆるホットキーで長押しが可能になりました。カーソルを動かすことで、ホットキーを放すまで、スライダーが連動します。
    これにより、少ないクリック数で、同じような結果が得られます。
  • ZBrush起動時に前回開いていた最終フォルダが起動時に開かれるようになりました。
  • USD(Universal Scene Description)形式のインポート/エクスポートに対応しました。
  • ”Flat”モードがアルファパレット内に追加され、平面のポリゴンをカーブ状に押し出せるようになりました。平面のポリゴンをIMMカーブに登録した際には自動的にextrusion profileとして扱います。
  • レイジーマウスがLassoストロークタイプに対応しました。
  • 連続Zピッカーオプションに、最遠方/最近接が追加されました。
  • カーブストロークオプションがアップデートされ、より複雑な操作が可能となりました。
    ・反発強度と反発フォールオフのカーブストローク設定追加
    ・ベンド設定をベンド始点/ベンド終点の2つに分けました。
    ・カーブがコントロールしやすくなりました。
    ・カーブ投影範囲を0に設定できるようになりました。

Pixologicニュースレター

 ぜひ私たちの日本語のニュースレターに登録を行い、ZBrushとZBrushCoreに関するチュートリアルや、インタビュー、メイキング、イベントなどの情報を入手しましょう!

Share This