多くの場合、これらはポリゴンが凹形状となり発生するレンダリングアーティファクトです。この場合には、面の背面を見ているため、非表示状態となっています(※ツール>表示設定>両面が無効な場合に限り)。両面設定が有効な場合には、ポリゴンが表示されますが、この場合には、パフォーマンス低下が発生します。
代わりに、Smoothブラシで素早いストロークをお試しください。

ごくまれに実際にSculptris Proによってメッシュに穴が発生することもあります。もしこれが発生した際にはツール>ジオメトリ>トポロジー編集>穴閉じでメッシュを修復します。