ZBrushおよびZBrushCoreをリモートデスクトップや、特定のポータブルデバイス(例えばSurfaceタブレット等)で利用する場合、筆圧を失う場合があります。この問題はZBrush2020.1.3やZBrushCore2020.1.3のアップデートで改善されます。インストールをしていただいた後に、以下の設定が必要となります。

始めに2020.1.3にアップデートしてください。以下の2つの方法があります。
もしZBrush 2020、またはZBrushCore 2020を所有している場合、インストールされているフォルダー内のZUpgraderユーティリティを起動することで、アップデートに必要な手順を紹介します。

または、Mylicenseページより、新規インストーラーをダウンロードできます。
Mylicenseページからダウンロードすることにより、常に最新版のソフトウェアがインストールできます。
https://pixologic.com/my-licenses/

2020.1.3のインストールが完了したら、利用環境にあわせて、以下の設定をしましょう。

ワコム社のデバイスをZBrushで利用する場合

ワコムタブレットのプロパティの”Windows インクを使う”を無効にすることを推奨します。

SurfaceペンをZBrushで利用する場合

OSの設定>ペンとWindows Inkの設定項目で、”カーソルを表示する”のオプションを有効にすることを推奨します。

リモートデスクトップでZBrushをワコムデバイスと利用する場合

クライアントマシン:
ワコムタブレットのプロパティから、”Windows インクを使う”を有効にします。
サーバーマシン:
OSの設定>ペンとWindows Inkの設定項目で、”カーソルを表示する”を無効にします。

リモートデスクトップでSurfaceペンを利用する場合

クライアントマシン:
OSの設定>ペンとWindows Inkの設定項目で、”カーソルを表示する”を有効にします。
サーバーマシン:
OSの設定>ペンとWindows Inkの設定項目で、”カーソルを表示する”を無効にします。

Happy ZBrushing!