多くの場合はWindows Defenderが原因により引き起こされます。近年より多く問題として発生するようになってきました。他のウィルス対策ソフトなどが影響を与えていることもありますが、一番多いのはWindows Defenderによる影響です。ダウンロード、インストール、アクティベーションを行う際に、一時的にそれらのソフトを無効にすることを推奨いたします。すべてが無事正常に実行できるようでしたら、それらを再度有効にしてください。

Windows Defenderのみをお持ちである場合には、ウィンドウズボタンを押し、Defenderと入力を行うことにより、”Windows Defenderセキュリティセンター”が表示されます。設定の項目をクリックし、”リアルタイム保護”をオフにしてください。
もし代わりに”Windows Defenderの有効にする”などの表示がされている場合には、他のウィルス対策ソフトが起動している可能性があるため、代わりにそちらの無効化をおこなってください。

これらのプログラムは完璧ではありません。もしそうである場合には、実際に何かを行う妨げになった際に無効化を行うような方法を用意することはないからです。