クラッシュ問題が発生しているプロセッサーを使用しているユーザーは、OSにて電源管理設定を調整することを推奨いたします。これは特にAMD ThreadripperやXeonプロセッサで見受けられるのですが、一部Ryzenやi7やi9シリーズにも影響を与えている可能性があります。

クラッシュの内容としては、ZBrushのクラッシュの他、デスクトップのクラッシュやコンピューターがシャットダウンする可能性もあります。

解決方法は非常に簡単です。
以下の手順に従ってください。

Windowsのコントロールパネル(設定) > ハードウェアとサウンド > 電源オプション >電源プランの編集を開きます。
次に”詳細な電源設定の変更”をクリックします。

“プロセッサの電源管理”の項目を開き、続いて[最大のプロセッサの状態]を開きます。
デフォルトでは、”100%”と設定されている内容を、”90%”以下に変更します。

その後、”OK”をクリックしてウィンドウを閉じます。
これで設定完了です。

何が起こっているかというと、これらのプロセッサは非常に高い温度で動作し、OSが損傷からハードウェアを保護するためにこれらのアクションを取ります。そのため、CPUの機能の90%以下を使用するように、WindowsのOS側で設定することで、CPUが過熱状態になるのを防ぎます。

Happy ZBrushing!