スナップショット3D

ZBrush 2019 以降

スナップショット 3Dについて

スナップショット3Dは、アルファ(グレースケール)画像を利用して、簡易な3Dモデルの作成を可能とする機能です。

ZBrushのテクスチャ投影ツールであるスポットライトへの読み込みを行い、アルファ画像を利用して3Dオブジェクトを作成する新しい機能です。スポットライトで行うため、アルファの調整や、他のアルファと組み合わせることで複雑な形状を3Dで作成ができます。

シリーズを通してスポットライトのスナップショット3Dでハードサーフェス系のモデルがすぐさま作れることを”発見”しましょう!

Part 1 – イントロダクション

Part1では、これらのシリーズのイントロダクションとなります。スポットライト内のスナップショット3Dがどのように利用できるかを解説するとともに、スポットライトへのアルファのインポートや、選択などの方法をご紹介いたします。

 

以下がスポットライトと、スナップショット3Dのデフォルト操作とホットキーとなります:

  • アルファ >> スポットライトへ追加(アイコンボタン、水平反転の下のもの):現在選択されているアルファをスポットライトに追加
  • (スポットライトが有効な状態で)Zキー: アルファ編集モードと、投影モードを切り替え
  • SHIFT + Z: スポットライトの有効化/無効化
  • 減算メッシュの作成や、アルファの作成を行う際などに一部アクションを利用する際には装飾キー(CTRL、ALT、SHIFTなどの組み合わせ)を利用することをお忘れなく。ユニオンや、スナップショット3Dの操作ボタン上にカーソルを合わせた状態にし、画面左上のインターフェースに表示される操作の組み合わせをご覧ください。

Part 2

こちらのパートでは、アルファから新しいメッシュの作成を行い、LiveBooleanの機能と組み合わせることで複雑な形状を作成していきます。現在選択が行われているモデルをベースに奥行が作成されることを学びましょう。

Part 3

この動画シリーズのパート3では、スポットライトで編集を行ったアルファから鉄骨生成方法を紹介します。

Part 4

スポットライト内のアルファの整理を行いながら、鉄骨の調整と、鎖用の穴の作成などを行います。

Part 5

鉄骨が完成したので、鉄骨を支えるための鎖の作成しましょう。このプロセスには、ギズモ3Dの等間隔での複製を行う機能を利用してモデルを作成します。

ホットキー:ギズモ3Dの矢印をドラッグしながら、CTRLキーを押し、先にCTRLキーのみを手放し、そのままドラッグを続けることで、手放した時点の距離を基準に等間隔で複製を行います。

Part 6

現在のシーンへの最終調整となります : フックを作成し、鉄骨と鎖をぶら下げられるようにしましょう。

ご覧いただきありがとうございます。そして、Happy ZBrushing!