マテリアル

ZBrush と ZBrushCore向け

基礎解説 “マテリアル”について

マテリアルはライトシミュレーションを行い、カラーや、より複雑なパラメータを3Dモデルと関連する3Dオブジェクトに適用します。

ZBrushは主に2種類のマテリアルがあります。

  • MatCaps: モデルに対して、画像ベースの情報を投影することができるマテリアル。
  • 通常のマテリアル: 数学的なシェーディング情報が適用されるマテリアル。

ZBrushとZBrushCoreでは、モデルに対して簡単にマテリアルの適用を行うことや、マテリアルを一部分に対して塗ることも可能です。
もちろん、あなたのモデルのレンダリングを綺麗に描画することから、粘土や、土、クロームといった物理的なマテリアルの再現として利用することができます。

一部マテリアルは、スカルプト作成を行う際にボリューム感やディテールの確認を行う際に便利となっています。
複数のマテリアルの中から、自分に合ったベストなマテリアルを探してみましょう。