ZBrushMerge 2019

ZBrushアーティストのショーケースイベントのまとめ

年に一度のZBrushアーティストとコミュニティのイベント

ZBrushMergeはZBrushがどのようにパイプラインの中で利用されているか、また業界をリードするアーティストのZBrushプレゼンテーションを見ることができるイベントとなっています。 

下記2つのワールドクラスのゲームスタジオと、デジタル制作の最先端を行くフィギュア会社、ベルギーから参加を行った国際的に活躍をするアーティスト、PixologicによるZBrush2019のプレゼンテーションをご覧ください

新機能


ZBrush 2019の新機能の紹介をご覧ください。スポットライトv2.0内に存在するスナップショット3Dによる新しいハードサーフェスへのアプローチ方法や、新しいBPRフィルターによる非写実的レンダリングや、Keyshotや、他の3Dアプリケーションとの連携を行うことができる新しいユニバーサルカメラや、新しい3Dモデルの管理方法等々。

フロム・ソフトウェアの世界観を支えるキャラクターアーティストの仕事

登壇者: 藤巻 亮

リードキャラクターアーティスト/テクニカルアーティスト。
2009年の入社以来、『DARK SOULS ® 』シリーズ等の多数のタイトルに従事。
入社当初から社内でのZBrushの導入を推進し、現在も普及に力を入れている。

Portfolio:
SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE公式サイト – www.sekiro.jp
DARK SOULSシリーズ公式サイト – www.darksouls.jp

FromSoftwareについて:

ビジネスアプリケーションの開発会社として1986年に創設。その後、1994年の家庭用ゲーム機「PlayStation ® 」の登場に合わせて、ゲームソフトウェア開発に参入。3Dポリゴンによる仮想空間の表現技術によって、ゲームソフト開発の基盤を固める。「ARMORED CORE」シリーズ、「DARK SOULS」シリーズを手掛ける。最新作は「SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE」(2019年3月22日発売予定)。

https://www.fromsoftware.jp/

フレームアームズ・ガール』スティレット-SESSION GO !! -フィギュア制作過程の紹介

登壇者: ツチヤトモミ

株式会社壽屋 企画本部開発グループ原型チーム所属。
2012年よりフィギュア原型制作のデジタル化、環境設備の構築を行う。
現在はZBrushを使用したフィギュア原型のモデリングを担当。

Portfolio: https://www.kotobukiya.co.jp/product/product-0000003254/

KOTOBUKIYAについて:

1953年に玩具店として東京立川市に設立。
完全可動式のモデルキットを自社製品として発売しモデルメーカーとしての立ち位置を確立、1995年にはアニメキャラを立体化し、フィギュアブームの火付け役となり、国内外問わずお客様に愛されております。

https://www.kotobukiya.co.jp/

Monster Hunter:WモンスターデザインにおいてのZBrushの活用法

MH:Wにおいてデザインの際ZBrushを使用したことで効率が良かった点を解説し、モンスターのコンセプトスカルプトの実演を行わせていただきます。鱗や皺などモンスターをより生態的に見せる情報の足し方の解説と、アルファなどを活用して落とし込むワークフローの実演を行います。

登壇者: 為貝 雅也

「モンスターハンター:ワールド」および「モンスターハンターワールド:アイスボーン」にて、モンスターと環境生物のデザインと3Dモデリングを担当。

登壇者: 尾﨑 健太郎

「モンスターハンター:ワールド」および「モンスターハンターワールド:アイスボーン」にて、モデリングを主にモンスターや環境生物の制作を担当。

CAPCOMについて:

大阪に本社を置くゲームメーカー。
ゲームを通じて「遊文化」をクリエイトし、人々に感動を与える「感性開発企業」として、多くの作品を展開しております。

http://www.capcom.co.jp

Maarten Verhoeven: ZBrushと歩んだ十年の旅

Maarten氏が自身のアートを振り返り、インスピレーションとなったことや、ZBrushとの十年の旅に関してお話します。プロジェクトのブレイクダウンや、 日々どのように フリーランスのデジタルスカルプターとして3Dプリントや、コンセプトアート等にZBrushを使用しているのかなどをお見せいたします。

登壇者: Maarten Verhoeven

Maarten Verhoeven氏はフリーランスのデジタルスカルプターであり、映画や、コマーシャル、原型や玩具などに特化したコンセプトやVFXアーティストとして活動を行っています。プロダクションの様々な要素、コンセプト、スカルプト、コンポジット、カラーグレーディング等を経験した経歴を持ち、今彼はフリーランスのZBrushアーティストとして、出版物や、プロジェクト等、世界中の様々な企業に彼の才能を提供しています。

ポートフォリオ: Artstation.com/mutte

イベントにご協力いただいている皆様

Share This