ワンダーフェスティバル 2019W

02月 10日 -幕張メッセ – 千葉 – 10:00から – 17:00まで

ZBrush Artist: Gami

ZBrush、 フィギュア ワンダーフェスティバル: 恋物語

 

ワンダーフェスティバル2019冬のPixologicブースへ、デジタルフィギュアがどのようにして作成されているかを見に、ぜひ訪れてみてください。アーティスト志望者や、アナログで原型製作を行っているプロフェッショナル、または純粋に興味を持っている方などには、この機会は公式から学ぶことができるベストな機会です。デジタルフィギュア製作は、3Dプリントと組み合わせることにより、早く、クリエイティブで、正確なプロセスであることを理解していただけます。また、アナログで製作を経験しているアーティストの方にとって、これらは多くの利点があることを発見できるはずです。

 

複数のアーティストやプロフェッショナルにより、彼らの作品やテクニックを私たちのブースのミニステージにて発表します。知識を増やすことができる貴重な機会をお見逃しなく。また、こちらのブースでは、ZBrushで作られたフィギュア作品の展示も行っており、ぜひ大手フィギュアメーカーのコトブキヤ、グッドスマイルカンパニー、アルター、HobbyJapan、ヴェルテクスや、才能溢れるアーティストの皆様の作品をご覧ください。

ZBrush Artist: ke 小抹香

ZBrush Artist: ウチヤマリュウタ

ZBrushのフィギュアアーティストはここ数年急激に成長を迎えました。ZBrushはもはや多くの大手フィギュアメーカーのパイプラインとなっています。年を重ねるごとに、ZBrushやZBrushCoreを利用した個人製作のアーティストの方をワンダーフェスティバルで多く見かけるようになりました。一部とはなりますが、こちらのブログ記事をご覧ください

ブースでの登壇者

私たちのブースで作品やテクニックの紹介を行うフィギュアの専門家やプロフェッショナルから学びましょう。
質問を行ったり、3Dプリントとの連携を行うデジタルスカルプトのメリットを学ぶことができる素晴らしい機会です。

Pixologic -4h

プレゼンテーション: 11:30-12:00 – アナログ制作はなぜデジタル原型を行う上でメリットとなるのか

私たちのプレゼンテーションは、デジタルスカルプトの利点と、アナログの原型を経験している方がいかに簡単にデジタルへ切り替えることができるという特徴や、アナログ制作を経験している方ならではのメリットに焦点を当てていきます。

福井信明 – 4-23-08 のぶほっぷ

福井様は、様々な質問などにお答えするアーティストとして、当日Pixologicブースにてお会いすることができます。情熱溢れるアーティストであり、デジタルアートの素晴らしいインストラクターです。彼の書籍2冊は数千人ものデジタルアーティスト志望者の力となったことでしょう。

プレゼンテーション:12:10-13:00 タイトル:ZBrushCoreで「機能習得を後回しにして楽しく造形する方法」

機能が絞られているとは言え、ZBrushCoreにも多く機能が搭載されています。「きちんと全て機能を学んでから作品(実践)を…」となると、とても先が長く見えます。まずば抑える機能を「かなり」絞り込んで楽しく造形作品を作り始めてみましょう。そして、ひとつずつ習得する機能を増やしていけば、まるで「ソフトを使っている」という意識をすることなく手足のように使いこなせるようになります。習得する順番もさわりだけご紹介!

書籍 – ウェブサイトTwitter

当日はブース内にて様々なご質問にお答えいたします。

深川克人 – 5-15-18 おとなの美術室

フリーランスアーティストであり、Pixologic公認のZBrushインストラクターです。毎週開催の【おとなの美術室 ZBrush基礎講座】インストラクターでもあり、プロの原型師から、趣味としてフィギュアを製作する人まで幅広く指導を行っています。

プレゼンテーション: 13:10-14:00 タイトル:手動リトポ機能「Topologyブラシ」の使いどころ

手動リトポ機能、「Topologyブラシ」の使い方やコツを実演解説します。本来のリトポ目的はもちろん、衣服などのパーツをローポリからシャープに造形するといった用途での活用法を紹介!

ウェブサイトTwitter

まーてい

デジタル原型師、かつ3Dモデラー、講師、”しっかり身に付く ZBrushの一番わかりやすい本”の著者であるまーていさんによる登壇をお楽しみください。

プレゼンテーション: 14:10-15:00 タイトル:今から&もう一度始めるZBrush

ZBrushとデジタル原型に興味あるけど踏み出せて無い人、ZBrush触って見たけど思うように作品が作れなかった人向けの公演です。また、最近の初学者の傾向等、教育現場目線の話題等も

書籍 – Twitter

岸田保

成安造形大学にてイラストレーションを教えている岸田保様はハードサーフェスや、乗り物のデザインのスペシャリストです。ZModelerを用いたテクニックをご覧ください。

プレゼンテーション: 15:10-16:00 – ZModelerによるメカ・モデリング

ZBrushは人物やクリーチャーなどの有機的な形状をスカルプトするアプリケーションとして知られていますが、ZModelerブラシを使えば幾何形体ベースのメカも作ることができます。このプレゼンテーションではZModelerによるメカ・モデリングをご紹介します。
ウェブサイト Twitter

13:00-16:00の間はPixologicブースにてZmodelerなどに関しての質問お答えいたします。  

榊馨 – 4-33-01 Sakaki Workshops


株式会社WonderfulWorksの代表かつ、デジタル原型師であり、大手フィギュアブランドでの仕事を数多く手掛けている榊馨様は、ZBrush公認マスターと、ZBrush公認インストラクターの両認定を受けております。

プレゼンテーション: 16:00-17:00 – キャラクターフィギュアモデリングTips~早く綺麗に作るコツとテクニック~

ZBrushを使い始めたけど難しい!思うように作れない!といった方むけに早く綺麗に作るコツとテクニックをいくつかご紹介します。
凸凹になってしまった肌をスムースするにはどうするか、綺麗にスジボリするのはどの機能を使えば良いのか、ZBrushにある様々な機能の適材適所を説明します。
書籍 – ウェブサイトTwitter

Made with ZBrush

もしあなたのフィギュアがZBrushで製作を行っていた場合には、あなたのディーラスペースで、愛と情熱をこめて製作したフィギュアの隣に、誇らしくこのPOPの展示を行いましょう!私たちのブースからお一つお持ち帰りください!

フィギュアの展示

ブースでは、昨年に続き、ZBrushで作成されたフィギュアの展示を行わせていただきます。有名な企業の作品から、個人のアーティストの方まで。 もしZBrushで製作を行った作品の展示を行いたい場合には、ぜひ私たちにお知らせください。

Pixologicブースの場所

私たちのブースは、ガレージキットエリアの近くのホール4、3DGANスペース内となります。企業ブース(ホール3)と、ガレージキットブース(ホール4)の出入口付近なので、必ず見つけられる場所です。

ワンダーフェスティバルの私たちのパートナー

Pixologicニュースレター

 ぜひ私たちの日本語のニュースレターに登録を行い、ZBrushとZBrushCoreに関するチュートリアルや、インタビュー、メイキング、イベントなどの情報を入手しましょう!

Share This