2018 ZBrush Summitが近づいております!

ZBrushをご利用頂いている最上位のアーティストのプレゼンテーションや、生放送にて行われるスカルプトオフ、インタビュー、コンテスト、ZBrushアワードをお見逃しなく!

イベント開催期間中には、各業界のアーティストによる、ZBrushワークショップなども開催されます!
VFXや映画業界、ゲームアセット制作、キャラクターデザイン、またはZBrushスキルを磨きたいという方には業界内でトップクラスのアーティストから直接学ぶ事ができる非常に特別な機会となるでしょう。
ワークショップは席が限られており、事前登録が必要となっております。

ワークショップ

登録に関する情報やスケジュールに関する情報は追ってご連絡いたします。

限定のワークショップに加え、ZBrush Summit全世界に向けて、ライブプレゼンテーションも合わせて開催を行っております。
もちろん、一番良い席はスタジオ内での席となっておりますが、(その場にいることがこのイベントを体験する上で一番良い体験です!)
どこにいても、このイベントを見逃すことはないでしょう。ソーシャルメディアや、ライブ上での質問を行うことによって、直接登壇者に質問を投げかけることも可能となっています。

 

presenters-social-blog-featured

プレゼンテーション

(時刻の表記はすべてPST:アメリカ西海岸標準時となっております。)

金曜日 9月28日

Kris Costa
ZBrushでのDigicのキャラクターワークフロー
Blur Studios
Framestore:キャラクターをパイプライン内で推し進める方法
Pixologic デモンストレーション

土曜日 9月29日

Method Studios:スポットと特徴にあわせたクリーチャー制作
Double Negative:”パシフィック・リム:アップライジング”でのZBrush “怪獣”制作
Santa Monica Studios: ZBrushを利用した現代的なアーキテクチャーアセット制作
Pablo Munoz Gomes: ZBrushで作ってみよう -ワークフロー
Zack Petroc: ストーリーをピッチするためにZBrushでコンテンツを作る方法
ZBrushアワード セレモニー

日曜日 9月30日

Michel Pavlovich:ZBrushを利用したスマートなプロダクション促進
Epic Games:Fortnite
Insomniac Games:スパイダーマンを制作する上でZBrushがどのように役立ったか
Joe Menna:玩具設計とコレクターアイテムの制作

contest-social-blog-featured

ライブスカルプトオフ

この3日間では物足りない?ちょうどいい!
9月27日には、生放送にて行われるZBrushスカルプトオフが開催され、12人が、それぞれ2つのカテゴリからZBrushのテーマに沿ったスカルプトコンテストを行います。
生放送にて開催されますので、勝者への投票も行うことが可能となっております。参加を行うアーティストの発表は後日行われます。

awards-social-blog-featured

第4回目のZBrushアワード

昨年を通してZBrushCentralでは、皆さんのお気に入りの作品に投票を行っていただき、2018のノミネートの選定を行わせていただいております。
2017年6月15日から2018月6月14日までの期間に投稿された作品のすべてが対象となります。

選ばれた今年の全ての候補者に歓迎のお言葉を!
彼らの作品は非常に特別なものです!

ぜひZBrush Summitへお越しください!
今年のアワード受賞者は2018年9月28日土曜日に発表が行われます。
もしSummitに直接参加が行えない場合には、もちろん生放送がご用意されておりますので、そちらをお見逃しなく!

今年の候補者は以下の通りです:

Image-of-the-Year-2018

Alexander Belm / Kris Costa / Kojiro Yahata

Sculpt-of-the-Year-2018

Mickael Lellevre / Maria Panfilova / Zhelong Xu

ZBrush-to-3D-Print-of-the-Year-2018

Daniel Bel / Frederic D’Aoust / Molses Ojeda

Top-Row-Post-of-the-Year-2018

Hossein Diba / Maria Panfilova / Piotr Rusnarczyk

Studio-Thread-of-the-Year-2018

Elastic / Epic Games / Section Studios

Game-Art-of-the-Year-2018

Epic Games – Paragon / Rare – Sea of Thieves / Section Studios: Rival – Crimson X Chaos

 

Film-Art-of-the-Year-2018

Elastic – Westworld / Ian Joyner – Guardians of the Galaxy Vol.2 / Alex Kozhanov : Transformers – The Last Knight

 

上記リストに加え、ZBrush名誉賞の枠もあります。
この賞は伝統的に、業界内で最も輝かしく、デジタル界に影響を与え、それだけでなくZBrushにも影響を与えた方に賞が与えられます。
今年の受賞者は後日発表されます。

ノミネーションを受けるには、作品がZBrushCentralに2017年6月15日から2018年6月14日の間に投稿され、最低6枚以上の画像がスレッドに投稿されている必要があります。
ZBrushがメインとして利用されていることが前提となっております。コラボレーション作品(スタジオなどを含め)などは関わった全てのアーティストが対象となっており、ZBrushCentralのスレッドに掲載された作品と、プロジェクトとともに関わった全てのアーティストの名前が掲載されます。

すでに次の賞に向けた投票を行うことをお忘れなく!
2018年の6月15日から2019年6月14日の間に投稿されている全ての画像の横にあるVoteボタンを押し、投票を行ってください!

こちらに登録を行うことで、ZBrush Summitのメーリングリストに登録され、Summitの開催に伴う関連情報などをいち早く入手しましょう!

では、会場にてお会いしましょう!:)

Share This