ZBrushを積極的に使用している日本人のユーザーにインタビューを行っていくという新企画をお届けいたします。

 

今回、インタビューを行わせていただくのは、毎年2回開催されているワンダーフェスティバルにて、優秀なアーティストに送られる”Wonder Showcase”にも選ばれた隙間の人様です!

中川凰蘭WSC

  • お忙しい中、貴重なお時間をいただきありがとうございます。
    インタビューさせていただき、光栄です。アーティストやスカルプターになった経緯や、経験などをお伺いしてもよろしいですか?趣味で行っていることですか?それともお仕事として行っていることでしょうか?

 

隙間の人: 専門学校を経てから6年ほどゲーム関係のお仕事に携わっていまして、現在はフリーランスとして活動させていただいています。

 

  • ゲーム業界を継続せずにフィギュア業界を目指す理由はなんでしょうか?個人的な判断でしょうか?それとも、フィギュア業界に強い魅力を感じていますか?または、フリーランスとしてフィギュアとゲーム関連のお仕事を両方すでに行っていたりしますか?

 

隙間の人: 一時期CG業界雑誌に3Dプリント系の記事が多くなってきたときがあって、それを見て自分の作ったものを実際に手で触るという事に凄く魅力を感じました。

ちょうどその当時会社を離れようとしていた時で、趣味としてZBrushに没頭していたこともあって、フィギュア業界を目指そうと思いました。

 

  • ZBrushを知ったのはいつ頃のことでしょうか?

 

隙間の人: ZBrushを知ったのは専門学生の頃ですが、高価だったので手が伸びず・・・

Sculptrisで作品制作を行ったりしていました。

購入して実際に勉強し始めたのはCG業界に入って1年半くらい経った頃ですね。

 

  • 先にアナログのフィギュア造形を試しましたか?それともデジタルから始めましたか?

 

隙間の人:フィギュア造形に関してはデジタルから始めています。

ねこのかんづめ ねこのかんづめ 使用ブラシ紹介

  • あなたはしばらく私たちがTwitterにて追いかけているアーティストの一人です。そこで気づいたのですが、最近Intuos3DとZBrushCoreを購入していますね。過去の作品はZBrushで製作されているのに、なぜZBrushCoreを選んだのですか?

 

隙間の人: ありがとうございます、そう言っていただけて光栄です。

ZBrushCoreが出たときにCG業界仲間やワンフェス仲間、友人達の中にZBrushCoreを購入予定の人が結構居たので、その方達のサポート用として自分も購入しました。

 

  • サポートを行うためだけですか?それは素晴らしいことです。
    日本語が追加されたZBrushCoreは使いやすかったですか?それとも、英語版のZBrushのほうがお好みですか?(ちなみにZBrush4R8では日本語が追加されますよ)

 

隙間の人: 自分の場合は既にZBrushの方で慣れていたのでZBrushCoreでも英語で使用しています。ですが新しくZBrushCoreから入る方にとって日本語UIは凄くありがたいことなんじゃないかなと思いますね。自分も最初は英語UIに苦戦したので・・・

4R8の新機能を把握する際は日本語UIにお世話になると思います。

 

  • 作品に関してお伺いしたいと思います。3Dプリント向けに作品の制作を行っているのでしょうか?また、イラスト製作なども行っているのでしょうか?
    (お仕事および商業用の作品に関して)

 

隙間の人: 以前はデジタル上だけで完結したものを制作していましたが、最近は3Dプリント向け、主にワンフェスに向けての作品制作を行うことが多いです。 仕事ではイラストやコンセプトアートのような制作はしていなくて、ゲーム関連がメインですね。

 

  • フリーランスのお仕事ではどのようなものを作成していますか?

 

隙間の人: 最近は主にUE4での背景制作をする事が多いのですが、そのアセット制作にZBrushを使用させていただいています。

 

  • 背景制作の場面ではどのような部分でZBrushを使用しますか?岩や地形や、木などの有機物系でしょうか?

 

隙間の人: そうですね、瓦礫とか岩とかといったものが主ですね。

 

  • これがあったら便利そうだなー!という機能などはありますか?

 

隙間の人: んー・・・咄嗟に出てこないですね。 現状で満足しているというか、自分の作る範囲だと現在の機能で十分快適に作れています。 ですが毎回バージョンアップの際に凄い機能が追加されるので、そこは毎回楽しみにさせていただいています。

ラファエロ蛙吹 梅雨 蛙吹 梅雨 使用ブラシ紹介中川凰蘭シザーウォーカー

  • 趣味での製作では、版権ものなどを作成していましたが(例えば監獄学園など)オリジナルとファンアートどちらのほうが好みですか?

 

隙間の人: どちらも好きですが、強いて言うならオリジナルさを重視していることになるのかもしれません。

オリジナルを作るのは勿論好きですし、ファンアートを作る際もキャラクターを原作そのまま作るのではなく、アレンジというか・・・自分の解釈を入れ込んで作りたいという意識があります。

監獄学園の花さんも漫画の1シーンを元にはしていますが、より自分の中でイメージを膨らませて作らせていただきました。

花さん_s

  • プリズンスクールの作品は良い作品ですね・・・RT数などを見てみるとそれが反映されているように思えます。フィギュア製作時のワークフローは、初めにZSphereまたはDynameshから始めていますか?そしてリトポは行っていますか?

 

隙間の人: ありがとうございます。制作開始時はLightBox内のDynamesh_Sphereから始めて、Dynameshベースで作ることが大半です。パーツを足す際も大体はベース形状から引き伸ばしてDynameshするか、Sphereを追加、変形して作ります。

 

リトポはある程度形になってきたところで、Zremesherを行って、必要ならまたdynameshに戻って、またリトポ・・・というような感じで、割と自由な感じで進めています。

 

  • 途中からサブディビジョンレベルを活用しますか?それとも、すべての製作プロセスをダイナメッシュで行いますか?

 

隙間の人: どちらか一つというわけではなく、必要に応じてサブディビジョン状態とDynamesh状態を行き来する感じですかね。フィギュア原型の場合はゲームアセットと違って最終的に自動で減ポリしたモデルが主になるので、その辺はあまり気にしていないです。

 

  • 製作の際には、過去に作成を行った手や顔、耳などのIMMブラシ素材などを利用しますか?それとも、一から全部作成をおこないますか?

 

隙間の人: 過去に作ったものを流用して作成する場合も勿論あります。耳等のパーツは特にそうですね。流用すると前の作品の悪いところも引き継いでしまいそうなので、勉強の為にも顔や身体は1から作ることが多いです。

 

  • 髪の毛などのパーツはどのように作成していますか?IMMからスタートする人も、Zsphereから開始する人もいますが。

 

隙間の人: 髪の毛については色々と試行錯誤したんですが、自分はSphereを呼び出してTransposeToolで細長く変形したパーツでベースを作る方法に落ち着きました。そこにDamStanderdブラシで凹凸表現を行い、SmoothDirectionalブラシで均す感じですね。

  • なるほど、Coreでも行える手法ですね。

 

隙間の人: ですね。SmoothDirectionalの部分だけCoreだと辛いですが・・・

 

  • 造形中に、先に型作成時にしっかりと複製できるかなどを考慮し、パーツの作成を行いますか?それとも先に形を作ってしまい、その後分割やテーパーなどを考慮しますか?

 

隙間の人: 先に形を作ってから分割を考慮する形ですね。きっと最初から設計できていれば楽なんでしょうけど、ポーズとかを後で変えたりする事もあるので、分割作業の段階になってから調整します。

 

  • 原型製作の際に使用している3Dプリンターは家庭用の物でしょうか?それとも業者向けで使われているHD3500などのものでしょうか?

 

隙間の人: 業者さんに委託しています。機種はprojetHD3500系だったと思います。

 

  • 初めて3Dプリントにて出力をした際、印象はどうでしたか?

 

隙間の人: かなり感動したのを覚えています。やっぱり実際に触ってみると、立体物を作ってたんだなぁ・・・っていう実感が沸いてくると言うか。あと物自体は積層跡も想像していたより綺麗な印象でした。

 

  • 最近イラストを製作している人がZBrushを始めるケースが多くみられるのですが、二次元から三次元へのギャップ大きいと思いますか?

 

隙間の人: あ、そういう方ツイッターでよく見ますね。ポリゴンモデラーだと操作的にそのギャップは大きいのかなと思うのですが、ZBrush等のスカルプトモデラーに関してはストロークの操作が基本なのでギャップは小さいんじゃないかと思っています。

個人的にスカルプトしている時はデッサンをしている感覚に近いのかなと。

 

  • 確かにデッサンに近いと思います。解剖学勉強しなおさなければ!とよく言われますね。製作の際、参考書などは横に並べて製作するタイプですか?

 

隙間の人: そうですね、迷ったら見れるように本などは近くに置いてます。あとはインターネットで集めたリファレンス画像などはPureRef(http://www.pureref.com/)というソフトでひとまとめ見れるようにしてサブモニターに表示させてます。

 

  • もし、最近ZBrushを始めたばかりの方にアドバイスをできるとしたらどのようなアドバイスしますか?

 

隙間の人: そうですね、まず基本操作を覚えた後は、迷いすぎずなんでもいいので一つ作りきってみることでしょうか。多分最初は色々と上手くいかないでしょうけど、その後2回3回と何か作るうちにわかってくることが溜まってくるので、それを大事に。

あとは動画サイト等で「speed sculpt」等で検索するといっぱいスカルプト動画が見つかるので、ひたすらそれらを見て流れを掴むのがオススメです!

 

  • スピードスカルプティングを見ることはいい手助けになりますよね。情報が多く含まれていて、他のアーティストの製作風景も見えますので。検索といえば、ZBrushに関しては英語で検索することが多いですか?それとも日本語で検索することが多いですか?

 

隙間の人: 最初は日本語、それでわからなければ英語、ですかね。ツイッターで検索することも多いです。

 

  • 結構Twitterで助け合いのリプライを見ることが多いですね。もし英語の動画などを見る際に、英語が読めなかった場合に注意してみているところなどありますか?

 

隙間の人: そうですねー、自分も英語は苦手で簡単な単語しかわからないくらいなんですけど、CG用語とZBrush特有の用語を特に気をつけて聞き逃さないようにしています。それで大体どういう作業を行っているのかはわかりますね。後は倍速動画を見る際にyoutubeなら速度を遅くする設定があったり、自動で字幕を出せたりするので、そういう機能を使うのもいいのかなと。

 

  • ZBrushを使っていると特定の単語だけは見つけられるようになりますよね。

 

隙間の人: ですね。地味に大事なことかもしれません!

 

  • ZBrush関連書籍などは英語の本が良く発売されていますが、購入は行ったりしていますか?

 

隙間の人: 英語の書籍は購入してないですが、それが翻訳された本は結構購入してました。最近はZBrush自体のテクニックはネットで集めることが多くて、書籍はフィギュア向け関連のものを購入する事が多いですね。

 

  • フィギュア向けの書籍はアナログの書籍ですか?

 

隙間の人: Zbrushを使用したデジタル原型関連の書籍ですね。 テクニック目当てと言うより、主に分割等のフィギュア原型にする為に必要な情報目当てに購入しています。

 

  • ZBrushで自作ブラシなどは作成していますか?

隙間の人: アルファを作成することはありますが、ブラシ自体をカスタマイズすることはほとんど無いですね。パーツをリピート配置したいときにカーブで作るくらいです。自分の作る範囲なら大体はデフォルトのブラシで間に合っていると思います。

 

  • 好きなブラシ5つ挙げるとしたら何でしょうか

 

隙間の人:

せっかくなのでstandard、Move抜きで・・・

SmoothDirectional

Damstandard

TrimSmoothBorder

ClayTube

hPolish

でしょうか。

 

  • Clay Buildupではなく、 Clay Tubeをご使用ですね。お気に入りの点はなんでしょうか?

 

隙間の人: Build upも使いますが、CrayTubeはもみ上げとか後頭部などの房状じゃない髪の毛のベースの流れを作るのによく使います。ねこのかんづめの後頭部とかそうです。

 

  • 他の人が作ったカスタムブラシなどは使ったことがありますか?お好きなのはありましたか?

 

隙間の人: デフォルトのブラシ群で割と満足に作れているので、他の方のカスタムブラシは基本的にあまり使うことはないですね。 今後クリーチャー等の今までとは別ジャンルの作品を制作する際には探してみようかなと思っています。

 

  • ちなみにマテリアルなどもデフォルトがお好みですか?
    日本人の間だとZBroさんのマテリアル(http://luckilytip.blogspot.jp/2012/05/ZBrush-custom-matcap-6.html#.WMk5dTvyiUk)がかなり浸透していますが。

 

隙間の人: マテリアルもデフォルトの中から数種類を選んで使用していますね。

形状確認のときはBasicMaterial2やRedWax。

瓦礫などの場合のみエッジが確認しやすいのでWhiteCavity。

ポリペイント付きで確認する際はSkinShade4ぐらいですかね

 

 

  • 長い時間に渡るインタビューとなってしまいましたが、ありがとうございました!

隙間の人:貴重な機会を頂いてありがとうございました!

髪メイキング1髪メイキング2 髪メイキング3 髪メイキング4髪メイキング5髪メイキング6 髪メイキング7

Share This