ZBrush 機能

ZBrushにできることを一目で見る。

アイデアは粘土から生まれる

ZBrush は 3D 業界標準のデジタルスカルプティングアプリケーションです。カスタマイズ可能なブラシを使い、バーチャルな粘土を造形したり、質感を出したり、色を塗ったりすると、直ちにその結果が表示されます。世界中の映画製作会社やゲーム開発者、アーティストたちが使うのと同じツールにて作業が行えます。

Dynamesh (ダイナメッシュ) は ZBrush のデジタルな粘土です。ダイナメッシュはスカルプト中に、美しい仕上がりために滑らかで均一な表面を作成するため、モデルのトポロジーを再構築します。徐々にモデルの解像度の追加をしていくことで、いずれのレベルで行った変更も各解像度に適用されます。この機能によって、複雑なモデルを作成しても、必要に応じて大がかりな変更を加えられるようになります。

あなたがコンセプトアーティスト、またはイラストレーターである場合は、ZBrush が 2D と 3D のギャップを埋める役割を果たすことにお気づきになるでしょう。リアルタイムに変更を加えることのできる 2D イメージを製作しつつ、正確な照明と深度を維持できます。カスタマイズ可能なブラシを使って、ピクセルごとにコントロールしながらモデルを着色していきます。GoZ を使用して、PhotoShop で複雑なテクスチャを作り出し、作業中の画面に適用し、仕上がりを確かめることもできます。

これらは ZBrush のもつユニークでパワフルな機能のわずか一部に過ぎません。

ZBrush Artist Bn Vichar
ZBrush 4R8

ZBrush 4R8 では引き続き、膨大なディテールをもつデジタル スカルプチャーでさえ、素早いレスポンスでデザインできるようなデジタル スカルプティング ツールを制作する伝統守り続けています。ZBrush 4R8 の新機能により、デザイン中の自由度がさらに向上しました。

Live Boolean (ライブ ブーリアン) により、複雑なモデルを構築するためのパワフルで新しいワークフローとともに、これまで考えられなかった自由度が加わります。一方、新たに導入された Vector Displacement Mesh (ベクターディスプレイスメントメッシュ) 機能により、今までは不可能とされてきた方法でモデルをスカルプトできるブラシ使いを実現し、わずか一筆でオーバーハング部分が作成できるようになりました。

ZBrush 4R8 には新たなトランスフォーメーションツールとして、ギズモ 3D が導入されました。また、3D テキスト ジェネレーターが搭載され、アーティストはリアルタイムに調整しながらテキストやロゴを作成できるようになりました。新しいデフォルメ機能、インタラクティブなプリミティブ形状、Lazy Mouse (レイジー マウス) 2.0 やその他多数の機能強化により、ワークフローがスピードアップされ、思い通りにデザインできる喜びを感じることができます。

Live Boolean機能

これまでブーリアン システムでは、それ自体に備わったパワーが原因で、最終的に満足の行く結果が得られるようになるまで、 無数の試行錯誤を必要としていました。Live Booleanを使用することで、アーティストは複数の彫刻物を同時に組み合わせ、 リアルタイムでメッシュの加工後の結果を目にすることができるようになりました。ポリゴンの数に関係なく、 どのようなモデルも他のモデルから減算が行えるようになります。Live Boolean機能は、ナノメッシュ および アレイメッシュ といった、 ZBrush の既存のインスタンス システムと併用できます。Live Booleanがアクティブな場合、ブーリアン結果を見ながら、 モデルにスカルプトを行うことさえ可能となりました。これらのオプションをすべて組み合わせ ZBrush 独特の新しいスカルプティング ワークフローにて製作できます

*上記のレンダーはLive Booleanとともにアレイメッシュのインスタンス コピーを使用した一例です。

リアルタイムプレビュー

Live Booleanはハードサーフェスモデルの作成にも適しています。Live Booleanは元のモデル上での加算や減算などのいかなる操作のプレビューも可能なので、その場での調整が可能です。 実際の操作を行う前にダイナミックにその結果を見ることができるので、当て推量をなくすことができます。メッシュ上ではあらゆる種類のパーツを調整し、その場でモデルへの影響を確認できます。 この操作は完全にインタラクティブで、モデルを損なうことは一切なく、どのようなスカルプトとも組み合わせることができます。

*上記のレンダーは、Live Booleanでリアルタイムに複数のサブツールを取り扱う一例。

3D プリントにLive Booleanを使用する

Live Booleanは製造、玩具のデザイン、プロダクトデザイン、コレクタブル、その他多くのモデル作成に最適です。 関節部分の作成、3D プリントのダボ、空洞の作成、製造用の型の作成など、様々な用途で利用できます。

*上記のレンダーはライブ ブーリアンで玩具の膝の関節を作成する様子を示す例。

あなたの Live Booleanの変換を行う

Live Boolean機能は ZBrush 内のプレビューをするためのシステムだけではなく、実際のジオメトリに変換を行い、エクスポートして他のアプリケーションで使用することもできます。


作成したLive Booleanを確定する際に、ボタンを 1つクリックするだけで、Live Booleanプロセスはジオメトリへと変換されます。 モデルの構造そのものへの変更は最小限に留め、トポロジーの変更はソースとなるモデル同士が接する場所でのみ実行されます。 数百万ものポリゴンから形成されるモデルであっても、結果はわずか数秒で生成されます。

ZBRUSH アーテイスト Nacho Riesco. 上記レンダーはLive Booleanが高ポリゴンのスカルプト作品に適用される一例です。

ベクターディスプレイスメントメッシュ機能

(Vector Displacement Mesh)

ベクターディスプレイスメントメッシュ (VDM) の新ライブラリーを使用して、アルファの蓄えを拡張しましょう。 これらはブラシ構成要素として使用される 3D スカルプトで、モデルの表面を描く際に、アンダーカットを適用することができるようになります。 一例として、わずか一筆で鼻孔を含めた鼻を完璧に描くことができます。また、耳の前後両面の様子を描くことができます。あるいは、曲がった指、 起伏したウロコ、開いた口なども一筆で描けるようになります。これらすべてをディテールや深度の欠損なく実行できます。


ベクターディスプレイスメントメッシュは彫るごとに実際のオーバーハングを作成していきます。スカルプト上で数百万のポリゴンを使用した正確な配置を行い、 モデルのディテールの追い込みが行えます。

上記のレンダーは平面に描かれたベクターディスプレイスメントメッシュの一例です。

ZBrush4R8 の全最新機能に関する詳細なリストについては、こちらをクリックしてください。

仕様

Windows

おすすめの仕様:

  • OS:64 ビット版の Windows Vista 以降
  • CPU:Intel i5/i7/Xeon テクノロジーまたは AMD 相当。
  • RAM:数百万単位のポリゴンのモデルで作業するためには 8 GB が必要です。(16 GB 以上推奨。)
  • HDD:ZBrush及びスクラッチディスク用に 100 GB のハードドライブ空き容量。(SDD ドライブを強くおすすめします。)
  • ペン タブレット:Wacom または互換。(WinTab API。)
  • モニター:1920x1080 モニター解像度またはそれ以上かつ、32ビットカラー。
  • ビデオ カード:指定なし。

最低システム要件:

  • OS:64 ビット版の Windows Vista 以降(32 ビットのオペレーティングシステムはサポートされていません。)
  • CPU:Pentium または相当 AMD。
  • RAM:4 GB (6+ GB を強く推奨)
  • HDD:ZBrush及びスクラッチ ディスク用に8 GBのハードドライブ空き容量。
  • ペン タブレット:マウスまたは Wacom 互換の (WinTab API) ペンタブレット
  • モニター:1280x1024 モニター解像度、32ビットカラー。
  • ビデオ カード:指定なし。
MacOS

おすすめの仕様:

  • OS:Mac OS X 10.8 以降。
  • CPU:Intel i5/i7/Xeon テクノロジー。
  • RAM:数百万単位のポリゴンのモデルで作業するためには8 GBが必要です。(16 GB 以上推奨。)
  • HDD:ZBrush 及びスクラッチ ディスク用 100 GB のハードドライブ空き容量。(SDD ドライブを強くおすすめします。)
  • ペン タブレット:Wacom または互換。(カーボン API。)
  • モニター:1920x1080 モニター解像度またはそれ以上、数百万カラー。
  • ビデオ カード:全タイプ。

最低システム要件:

  • OS:Mac OSX:10.8 以降。
  • CPU:Pentium より高性能。
  • RAM:4 GB (6+ GB を強く推奨)
  • HDD:ZBrush及びスクラッチ ディスク用に 8 GB のハード ドライブ空き容量。
  • ペン タブレット:マウスまたは Wacom 互換の (カーボン API) ペン タブレット
  • モニター:1280x1024 モニター解像度、数百万カラー。
  • ビデオ カード:全タイプ。